雑記

友達の大切さと付き合い方の考え方


どーもケンジョウです

  • 友達が嫌味を言ってくる
  • 友達との付き合い方に悩んでる
  • ほんとに友達と思われているのか悩んでしまう

こんな考えで頭をかかえている方は多いのではないでしょうか

好きな本の内容の一部を僕なりに解釈し、載せていたりもしますが
今回は友達の大切さについて話そうと思います

友情は打算的

人間は誰かと一緒にいる時、意識的にも無意識的にも
その相手が自分にとって、なんのメリットがあるかを考える生き物です

例えば

  • 一緒にいると楽しいから
  • いじめられないから
  • お金になるから

などがあります

人によっては

自分よりも劣る人間とわざと一緒にいて優越感に浸るため
そんな人間も少なくないみたいですし

「ただの付き添いだから一緒にいる」
そんな方もいます

常識的に考えて

  • 一緒にいて楽しくもない
  • いじめられる
  • お金にもならない
  • 自分を見下す相手

そんな人と友達になりたい人はいないです

「理由は表せられないけれど一緒にいたいから友達

こんな人と出会えれば嬉しいですね

だって理由を表せられてしまったら
その理由のために「友達を演じてる」みたいじゃないですか


友達だからこそ誘われる

まず「友達だと思われてなければ誘われもしない
こういうことです

「会いたい」と思えない人のために、わざわざ時間を作ったりしますか?

僕ならしないです。

お出かけなど、友達に誘われることを当たり前に思わないでください


相手のことを想っているからこそできる指摘

僕の友達で「自立もせず親に甘えて過ごしてもうすぐ30才」
こんな方がいます

やっぱり自立してる友達から
「自分のためにも成長しなよ」
など、めちゃくちゃ指摘されてるんですよ

これも「友達だと思っているから」ですね

興味がないだったり、関わりたくない人にわざわざ指摘はしません

一緒にいるならやっぱり「自分の成長に繋がる人」がいいじゃないですか

それでも友達ですし、これからも一緒に成長したい気持ちがあるため指摘するわけです

何が言いたいかと言うと

「指摘をしてくれる友達がいることに幸せを感じてください」

こういうことです。

嫌味ではなくアドバイス

人間は不器用な生き物です
もちろん器用な頭の人はいますが
ほとんどが不器用な生き物ではないでしょうか

うまく言葉に出来ず、その人なりの言葉でアドバイスをしているのですが、不器用なため嫌味に聞こえてしまい「喧嘩になる」 なんてこともあります

長い付き合いの友達同士で
その「不器用さに」気づいてあげてください

もし「これは嫌味か?」なんて思ってしまっても

信頼している友達なら「不器用なりのアドバイス」こう捉えてくださいね

自問自答をして頭で考えてみよう

これも少し「嫌味ではなくアドバイス」に戻るのですが、何を言われても

「お前がわかってない」
なんて否定的な人がいるじゃないですか

少しだけでもいいので
「なぜそういってくれたのか」
このように考えられる人は、この先も友達と長く続けていけると思います

まとめ 「友達は宝物」にしよう

今回は友達の大切さと考え方について
思ったことをページにしてみました。

ですが、1つ勘違いしてはいけないのは
「信じられない人とは無理して一緒に過ごす必要はない」ってことです

「割りきって一緒にいる」って楽しくないじゃないですか

もし「信用できる友達がいない」

そんな場合は

  • 自分にはなぜ友達がいないのか
  • 具体的な理由は何か
  • どう改善すれば変わるのか

などを「自問自答」で何回でも繰り返し、答えを見つけ改善していけるといいと思います

 

おわりっ

 

こちらもどうぞ!!!

アニメ
【印象は大事】イケメンじゃないアニメオタクでも彼女を作る方法 どーもケンジョウです 「アニメオタクキモい」と馬鹿にされた 「アニメオタクは彼女いないよね」と馬鹿にされた 「彼女作り...

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。